護衛艦いずも空母化 専守防衛から逸脱懸念も 中国台頭、米依存際限なく

 護衛艦いずも空母化のイメージ
 護衛艦いずも空母化のイメージ
防衛省は、事実上の空母化に向けて改修中の海上自衛隊の護衛艦いずもで、短距離離陸と垂直着陸ができる米海兵隊のF35Bステルス戦闘機の発着試験を3~7日の間に実施する。航空自衛隊へのF35B導入に先立ち、運用に向けた課題を検証する。中国の軍事的.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録