時評(10月3日)

八戸港でパナマ船籍の貨物船が座礁して油が流出した事故は、沖合に沈んだ状態の船尾側の撤去など、原状回復まで少なくとも1年以上かかると見込まれることが分かった。 撤去されるまで定置網漁を再開しない方針の漁協もあり、船主サイドはもっとスピード感を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録