【自民総裁選】楽観と迷走、河野氏自滅 重鎮、権力保持へ暗闘

 自民党総裁選を巡る経過
 自民党総裁選を巡る経過
自民党総裁選は岸田文雄総裁の完勝に終わり、政権人事が着々と進む。高い人気で勝算もあったはずの河野太郎行政改革担当相の歯車はなぜ狂ったのか。菅義偉首相の退陣表明で党支持率が上向き「衆院選の顔」としての待望論は尻すぼみ。慌てて国会議員へ働き掛け.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録