飲み薬で入院や死亡半減 米メルク、コロナ治療

 米メルクなどが開発中の薬「モルヌピラビル」(ロイター=共同)
 米メルクなどが開発中の薬「モルヌピラビル」(ロイター=共同)
【ワシントン共同】米医薬品大手メルクなどは1日、開発中の新型コロナウイルス感染症の飲み薬について、患者の入院や死亡リスクを半減させる効果がみられたとの臨床試験(治験)結果を発表した。米国内での緊急使用許可の申請を急ぐとともに、世界各地でも製.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録