日本船が難民救う、逸話継承 アルメニア人迫害の記憶、敗戦で重み

 スミルナ港で1922年ごろに撮影されたとみられる写真。逸話との関係は不明だが、日の丸を掲げた船が停泊しているのが見える(共同)
 スミルナ港で1922年ごろに撮影されたとみられる写真。逸話との関係は不明だが、日の丸を掲げた船が停泊しているのが見える(共同)
オスマン・トルコ帝国がアルメニア人を迫害したとされる20世紀初め、日本の船が難民を救ったとの逸話が子孫らに語り継がれている。アルメニアは昨年、隣国アゼルバイジャンとの間で起きた係争地ナゴルノカラバフを巡る軍事衝突で敗戦。漂う敗北感が過去の被.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録