【衆院選】立民「自然エネ立国」公約 2030年に50%目指す

 立憲民主党の原発・エネルギー分野の政権公約
 立憲民主党の原発・エネルギー分野の政権公約
立憲民主党の枝野幸男代表は1日の記者会見で、次期衆院選で訴える原発・エネルギー分野の政権公約を発表した。「自然エネルギー立国の実現」を掲げ、2030年に全体の発電量に占める自然エネルギー電力の割合50%を目指すのが柱。原発の新増設は認めない.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録