時評(10月2日)

バイデン米大統領の外交のつまずきが目立つ一方で、「唯一の競争国」中国との関係改善も模索され始めたようだ。 大統領は当初、中国などを念頭に「民主主義対専制主義」という対立の概念を打ち出していたが、先月の国連演説では「新たな冷戦は求めない」とト.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録