【岸田政権人事】「論功」露骨、火種も 衆院選公約、猶予なく

 岸田政権の特徴的な人事
 岸田政権の特徴的な人事
自民党の岸田文雄総裁の政権人事で、総裁選の自陣営幹部への論功行賞が露骨に出ている。敵対した河野太郎行政改革担当相は広報本部長に「降格」。冷遇に恨み節が漏れる。重要ポストが回ってきていない派閥では不満が充満。「岸田丸」の船出に当たり火種を抱え.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録