Free朝のニュースダイジェスト(10月2日)

【「霹靂」新米プロモーションテーマ決定】
 9日発売される青森県産米「青天の霹靂」の新米販売戦略として、県は1日、プロモーションテーマを「さっぱりしたいね。2021」に決めたと発表した。

 【「ホタテ水着」脚光】
 ふるさと納税の返礼品で、むつ市の水産加工品販売業者が手掛ける「ホタテ水着」が脚光を浴びている。ふるさと納税サイト「さとふる」の装飾品・工芸品ランキングで9月の1位を獲得した。

 【県内第1希望者が最多】
 1日公表された「医師臨床研修マッチング」中間結果によると、青森県内の臨床研修指定病院を第1希望とした学生は96人で、2003年度の制度開始以来最多だった。

 【青森コロナ・新たに10人】
 青森県は1日、県内で10人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表。東地方管内の80代以上男性が、9月30日に亡くなったと明らかにした。累計死者数は36人。

 【85万冊が売れました】
 「Go To イート」キャンペーンのプレミアム付き食事券について、青森県のキャンペーン事務局は1日、用意した食事券100万冊のうち約85万冊が購入されたと公表。

お気に入り登録