配車・料理宅配に5百万人 東南ア、アプリ寡占弊害も

 一服した後、料理宅配に再び出掛けるグラブのドライバー、イェオさん=7月、シンガポール(共同)
 一服した後、料理宅配に再び出掛けるグラブのドライバー、イェオさん=7月、シンガポール(共同)
人口6億5千万人の東南アジア市場でソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)が大株主の「グラブ」が、配車と料理宅配アプリで覇権争いをリードしている。8カ国に展開し、配車の市場シェアは7割、料理宅配は5割。約500万人の個人事業主のドライバー.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録