三沢周辺でコブハクチョウ繁殖 生態系に影響、増殖警戒

小田内沼のコブハクチョウ。優雅な姿で散策する人を和ませる一方、生態系への影響が懸念されている=7月下旬、三沢市
小田内沼のコブハクチョウ。優雅な姿で散策する人を和ませる一方、生態系への影響が懸念されている=7月下旬、三沢市
三沢市の小田内沼で今夏、親子とみられるコブハクチョウが目撃された。鷹架沼(六ケ所村)や小川原湖(東北町)でも確認されており、三沢の周辺で繁殖しているとみられる。優雅に泳ぐ様子や、ひなの愛らしい姿が道行く人を和ませる一方、縄張り意識が強く、秋.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録