【新型コロナ】感染抑制、一定の効果 八戸“我慢の9月” 集団施設、対策難しさも

 八戸市内の新型コロナウイルス感染者数の推移
 八戸市内の新型コロナウイルス感染者数の推移
お盆以降、新型コロナウイルス感染者が急増した八戸市内では9月、飲食店への営業時間短縮要請や市有施設の使用中止、学校の部活動の禁止など人流抑制に重点を置いた感染防止対策が講じられた。多くの市民にとって「我慢の月」となった同月の感染状況を見ると.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録