【解説】際立った課題の根深さ 自民総裁選、避けられぬサイクル議論

核燃料サイクル政策の是非が争点化した自民党総裁選は、維持を掲げた岸田文雄氏が新総裁に選出された。六ケ所村に中核施設を抱える青森県に大きな影響を及ぼす政策転換はされない見通しとなったが、課題が山積する状況は変わらず、むしろ論戦を通じて問題の根.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録