【自民総裁選】党員意思より派閥論理 岸田氏、政権運営で重荷背負う

 自民党総裁選4候補の得票状況
 自民党総裁選4候補の得票状況
自民党は衆院選の顔となる新総裁に岸田文雄氏を選んだ。最多の地方票を得た河野太郎行政改革担当相を引きずり降ろしたのは、派閥優先の論理。岸田政権は多くの党員の意思に反する形で誕生したという重い「十字架」を背負い、政権運営で安倍晋三前首相ら重鎮の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録