【自民総裁選】4候補争いは9回目 最高権力へ派閥がしのぎ

 4人が争った過去の主な自民党総裁選
 4人が争った過去の主な自民党総裁選
自民党の総裁選びが話し合いなどによらず選挙戦となったのは、1956年に初の総裁選が実施されてから29回目だ。このうち4人による争いは2003年以来で9回目。最高権力者の座を求めて各派閥がしのぎを削ってきた歴史が浮かぶ。 池田勇人、佐藤栄作ら.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録