時評(9月29日)

ドイツ連邦議会(下院)選挙は、政界を引退するメルケル首相の保守政党、キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)にとって過去最低の20%台の得票で2位に転落という歴史的な敗北となった。 中道左派の社会民主党(SPD)が僅差でこれを上回り第1党.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録