Free予約分利用10月1日再開 青森県おでかけキャンペーン 新規停止は継続

青森県は28日、新型コロナウイルスの感染拡大で運用を停止していた、宿泊割り引き「おでかけキャンペーン」について、既に予約した分の利用を10月1日から再開すると発表した。新規予約の受け付け停止は継続する。

 キャンペーンは、県民が県内宿泊施設を利用した場合に、最大5千円を割り引く内容。国が都道府県の事業を補助する制度を活用している。感染状況などが国の分科会が示す指標で、下から2番目の「ステージ2」相当以下であることが求められている。

 県内の感染状況の悪化に伴い、8月6日から新規予約を停止。感染拡大は収まらず、同27日に発表した県の緊急対策パッケージの一環として、キャンペーン自体を停止した。

 県によると、既に予約しているのは10~12月で1万4500人。新規予約の再開は、県内の感染状況や専門家の意見を踏まえて判断する。

 民宿の利用が割安になる「農林漁業体験民宿に泊まって青森再発見キャンペーン」、観光タクシーやレンタカーの利用料金を割り引く「くるま旅キャンペーン」も、既に予約している分は利用可能になる。

お気に入り登録