国が直轄権限代行で復旧へ むつの小赤川橋、22年度末完成目指す

国土交通省東北地方整備局は28日、8月の大雨で崩落し仮橋が設置されている国道279号の小赤川橋(むつ市大畑町)について、橋を管理する青森県に代わって国が復旧工事を担うと発表した。具体的な工程は検討中だが、2022年度末までの完成を目指す。 .....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録