【自民総裁選】議員票焦点、攻防白熱 影響力確保へ動く派閥

 自民党総裁選4候補の終盤戦略
 自民党総裁選4候補の終盤戦略
自民党総裁選は混戦のまま最終盤に突入した。河野太郎行政改革担当相にとって頼みの地方票で伸び悩み、1回目の投票で決着をつける見通しが立たないのは誤算。河野氏を追う岸田文雄前政調会長は決選投票で逆転を期す。焦点の国会議員票を巡る攻防は熱を帯び、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録