【秋場所総評】精神力、勝負強さの照富 8勝止まり、情けない大関

新横綱優勝を成し遂げた照ノ富士は、一人横綱の重責を果たした精神力が見事だった。前半戦は安定感のある前傾姿勢の攻めを披露。初黒星を喫した9日目の大栄翔戦など後半戦は古傷の両膝への不安がうかがえたが、14日目の大関貴景勝戦では左上手を引き、正念.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録