独総選挙、社民と保守接戦 「メルケル後」の政治占う 連立交渉経て新首相選出へ

 26日、ベルリンで、ドイツ連邦議会選の投票をする男性(ロイター=共同)
 26日、ベルリンで、ドイツ連邦議会選の投票をする男性(ロイター=共同)
【ベルリン共同】ドイツ連邦議会(下院)選が26日行われた。メルケル首相(67)は選挙後に引退し、同氏なき政治を占う一歩となる。中道左派の社会民主党(SPD)が支持率首位で、メルケル氏の保守、キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)が小差で.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録