時評(9月27日)

今年7月、三陸復興国立公園内にある八戸市鮫町の県道(通称・うみねこライン)沿いに、土地売買に関する看板が設置され、波紋を呼んだ。無許可だったため撤去されたが、現状では行政の許可があれば新設が可能。広告物や工作物は従来の自然景観を損ねる恐れが.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録