【新型コロナ】状況改善も医療まだ負担 専門家、対策緩和に慎重

 緊急事態宣言対象地域の新型コロナ感染状況
 緊急事態宣言対象地域の新型コロナ感染状況
新型コロナウイルスの新規感染者は8月末ごろから急速に減り続け、病床の使用率をはじめ、医療の逼迫(ひっぱく)も改善してきた。政府は、19都道府県に発令している緊急事態宣言の全面解除に向けて調整を進める。ただ、医療現場の負担は十分には解消してお.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録