新疆綿、調達見直し10社超 人権リスクで取引自制拡大

 「新疆綿」への日本企業対応
 「新疆綿」への日本企業対応
中国新疆ウイグル自治区で生産された「新疆綿」を巡り、日本の大手アパレル、スポーツ関連企業10社超が使用停止や使用量削減などの調達見直しを決めていたことが26日、共同通信の調査で分かった。米中対立を背景に、米欧は中国での少数民族ウイグル族の強.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録