電光石火、妙義の輝き 大関連破、1差で千秋楽

 妙義龍(奥)が寄り切りで正代を破る=両国国技館
 妙義龍(奥)が寄り切りで正代を破る=両国国技館
電光石火の出足とは、まさにこのことだろう。遠藤と阿武咲(中泊町出身)が敗れ、照ノ富士を追う最後の3敗力士となった妙義龍が大きな輝きを放った。2日続けて大関を破り「自分はこの相撲だと思った。やってきたことを信じていた」と胸を張った。 低く突き.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録