消防団員確保へ国が報酬アップ策 効果未知数、予算巡り導入に慎重な自治体も

行進を披露する横浜町消防団。団員数の減少が大きな課題となる中、団員の報酬アップの施策が注目されている=2020年1月、横浜町
行進を披露する横浜町消防団。団員数の減少が大きな課題となる中、団員の報酬アップの施策が注目されている=2020年1月、横浜町
少子高齢化などで、火災や災害現場で活躍する消防団員の確保が年々難しくなっている。青森県内でもここ30年間で4千人も減少した。こうした中、消防関係者が注目するのが、今年4月に消防庁が全国の自治体に通知した、団員の報酬アップだ。消防関係者からは.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録