時評(9月26日)

自民党総裁選で核燃料サイクル政策が争点の一つとなっている。河野太郎行政改革担当相が停止を、岸田文雄前政調会長と高市早苗前総務相、野田聖子幹事長代行が維持を主張する。その議論と決戦の行方に、サイクル施設が立地する六ケ所村、青森県の関係者が注目.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録