【自民総裁選】地方政策、論戦低調 自治体から冷めた声

自民党総裁選で、地方の人口減少対策や地域活性化に関する論戦が低調だ。立候補した4氏は「地方重視」を口にするが内容は新味に乏しく、安全保障や経済など他の政策主張の陰に埋没。人口減や財政難といった喫緊の課題に直面する自治体関係者からは「地方の危.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録