家屋被害1割は警戒区域外 8月大雨の土砂災害

 土砂災害警戒区域・指定基準の例
 土砂災害警戒区域・指定基準の例
8月の大雨による各地の土砂災害で損壊した家屋87戸の約1割が、自治体が指定した土砂災害警戒区域の外に立地していたことが24日、共同通信の調査で分かった。いずれも崖崩れによる被害。土地の傾斜や崖の高さといった指定基準を下回る場所が多かった。豪.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録