【貨物船座礁】沈んだ船尾側周辺で油膜

八戸港沖でパナマ船籍の貨物船「クリムゾン ポラリス」(3万9910トン)が座礁し、油が流出した事故で、船主サイドは24日、同港沖で沈んだ状態の船尾側の周辺で油膜が確認されたと発表した。船を航行し、分散させたという。 船を管理する美須賀海運(.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録