米、金融正常化着手へ 物価高、中国問題も浮上

 米国のインフレ状況
 米国のインフレ状況
米連邦準備制度理事会(FRB)が11月にも金融緩和の縮小に着手する。ただ足元では新型コロナウイルスの変異株に加え、物価高や中国企業の経営危機といった景気回復の足かせとなるリスクが浮上。米政府資金の枯渇問題もあり、金融政策の正常化への道のりに.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録