有機夏ニンジンの産地化目指す 八戸南郷、若手生産者ら組合設立

八戸市南郷地区では、有機栽培による夏ニンジンの産地化を目指すプロジェクトが動き出している=15日
八戸市南郷地区では、有機栽培による夏ニンジンの産地化を目指すプロジェクトが動き出している=15日
化学肥料や除草剤などを使用しない、有機による夏ニンジンの栽培プロジェクトが、八戸市南郷地区で進んでいる。プロジェクトを立ち上げたのは地元の若手生産者らで構成する「有機夏人参生産組合」。9月ごろの収穫となる夏ニンジンは、栽培期間が梅雨と重なる.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録