天鐘(9月24日)

秋の風景はさまざま。実りの時期を迎え、今が盛りの稲刈りもその一つ。コメ離れ、コロナ禍と逆風に見舞われるものの、収穫の喜びに農家の方々の表情も緩む。労苦に感謝しつつ、ありがたくいただきたい▼水分を多く含む新米は、みずみずしくて艶やか。やはり一.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録