【貨物船座礁】三沢沖の漁場で油膜確認 三沢市漁協、念のため魚廃棄

三沢市の0・5キロ~1キロ沖で今月20、21日、油膜や泡状の油とみられる物が見つかったことが23日までに、市漁協への取材で分かった。周辺で漁獲された魚からは油の臭いなどは確認されなかったが、ヒラメとイナダ計24キロを22日、念のため廃棄した.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録