コロナ感染止まらず 世界経済、先行き不透明 中国大手の経営悪化も懸念

 世界経済のリスク要因
 世界経済のリスク要因
世界経済の減速懸念が強まってきた。経済協力開発機構(OECD)は2021年の世界全体の実質経済成長率を5・7%に下方修正した。経済活動の再開などを踏まえて上振れさせてきたが、新型コロナウイルスの感染拡大は止まる気配を見せず、先行きの不透明感.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録