みずほ銀、障害連鎖で当局「直轄」 屋台骨に疑念、成長足かせ

 メガバンクの基幹システムの主要な開発事業者
 メガバンクの基幹システムの主要な開発事業者
金融庁が、みずほ銀行の基幹システムを事実上の「直轄」とする非常手段に乗り出した。障害の連鎖に歯止めがかからず原因も特定できない現状に、監督官庁の堪忍袋の緒が切れた。銀行業務の屋台骨であるシステムの成り立ちを疑問視する声も上がり、今後の成長戦.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録