赤保内小児童が巨木巡り 生活との関わり学ぶ/階上

巨木に触れて学びを深める児童
巨木に触れて学びを深める児童
階上町立赤保内小(小坂尚校長)の5年生33人は15日、町内で「緑を大切に守るプロジェクト巨木をめぐるツアー」を行った。ボランティアガイド「階上売り込み隊」の伊藤武男会長が案内。児童は町に残る木々が人々の生活と密接に関わっていることに理解を深.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録