【自民総裁選】年金税方式が争点に浮上 旧民主政権で頓挫

 年金制度の現状と税方式にした場合のイメージ
 年金制度の現状と税方式にした場合のイメージ
自民党総裁選の争点に公的年金制度改革が急浮上した。河野太郎行政改革担当相は最低限の年金を保障するため、全額を税で賄う新方式を提唱。低年金の人への対策となる一方、消費税などの大幅増税につながるのは必至で、旧民主党政権で頓挫した経緯がある。岸田.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録