名前読み上げ、記憶に刻む 戦争犠牲者、新たな追悼

 日中戦争以降の日本人死者数
 日中戦争以降の日本人死者数
一人一人に人生があり、家族がいた―。太平洋戦争の犠牲者の名前を読み上げ、記憶に刻む新たな取り組みが広がっている。ただ「生きた証し」である個人名が残っていないケースも多く、専門家は「誰が被害を受けたか、国が明らかにするべきだ」と実態解明を要望.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録