ピカソ未公開作、仏に物納 長女、絵画や彫刻9所蔵品

 20日、パリの国立ピカソ美術館で公開されたピカソの絵画(ロイター=共同)
 20日、パリの国立ピカソ美術館で公開されたピカソの絵画(ロイター=共同)
【パリ共同】フランス政府は20日、20世紀美術の巨匠パブロ・ピカソの長女マヤさんが贈与税支払いの代わりに、ピカソ作の絵画や彫刻など九つの所蔵品を国に納めることが決まったと発表した。フランスのメディアによると、これまで公開されていない作品とい.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録