時評(9月21日)

社会的な認識が薄い男性の周産期うつ病について、ハイリスク患者を把握するためのスクリーニングシステムの構築を目指す取り組みが、10月に十和田市で始まる。システムが確立すれば、医療保険分野に限らず、政策や教育にも変革が及ぶ可能性がある。 システ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録