天鐘(9月21日)

きょうは十五夜。中秋の名月は澄んだ夜空を照らしてくれるだろうか。黄金の輝きは豊穣(ほうじょう)の象徴。祈りを込め、月を愛(め)でる風習は縄文時代から続くとも。最も身近な天体ゆえか、現代に語り継がれる伝説は数多い▼月明かりには微妙な濃淡がある.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録