ハエの冬眠、都市化が妨害 夜間照明や温暖化が影響?

 ナミニクバエ(大阪市立大提供)
 ナミニクバエ(大阪市立大提供)
国内に広く分布し、冬眠して冬を越すナミニクバエは、都市の夜間照明や温暖化によって冬眠を妨げられていることが分かったと、大阪市立大と摂南大のチームが20日までに英王立協会の学術誌に発表した。 摂南大の向井歩特任助教(昆虫生理学)は「都市環境が.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録