青森県など「市町村と共有せず」 自宅療養者の情報、国は連携促す

 自宅療養者の個人情報を市区町村と共有しているか
 自宅療養者の個人情報を市区町村と共有しているか
新型コロナウイルス感染症の自宅療養者を巡り、都道府県の保健所が把握する住所や氏名を市町村と共有し、支援につなげているのは7道県にとどまることが20日、共同通信の調査で分かった。市町村の大半は保健所を持たず、療養者の把握が難しい。国は支援充実.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録