【新型コロナ】外出自粛解除に“逆転現象” 自宅療養の期間「事前説明して」

八戸市内の自宅療養者数
八戸市内の自宅療養者数
新型コロナウイルスの感染拡大に伴って自宅療養者数が高い水準で推移している八戸市で、健康観察期間の在り方に不安や不満の声が出ている。同居家族に陽性者と陰性者がいた場合、陰性者は陽性者が療養期間を終えた段階から約2週間の健康観察期間に入り、結局.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録