解体工事で08年もトラブル 熱海土石流起点の旧所有者

 熱海の7月3日の土石流、トラブルのあった場所
 熱海の7月3日の土石流、トラブルのあった場所
静岡県熱海市で7月に発生した大規模土石流で、2011年まで起点の土地を所有していた神奈川県小田原市の不動産管理会社(清算)が08~09年に市内の別の場所で実施した社員寮の解体工事を巡り、地元住民からほこりや騒音に関する苦情が相次ぎ、会社側が.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録