【新型コロナ】特別支援学校の通学バス増便 青森県教委、3密感染防止

増便となったスクールバスから降りる県立八戸第二養護学校の児童ら。添乗員のサポートを受けながら登校していた=8月下旬 
増便となったスクールバスから降りる県立八戸第二養護学校の児童ら。添乗員のサポートを受けながら登校していた=8月下旬 
特別支援学校での新型コロナウイルス感染防止を徹底するため、青森県教委は昨年度から児童、生徒が通学で利用するスクールバスを増便している。車内が3密(密閉、密集、密接)の環境をつくりやすく、集団感染のリスクを考慮しての対応だ。若年層の感染拡大は.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録