【自民総裁選】サイクル巡り違い鮮明 討論会で河野、岸田両氏見解

自民党総裁選候補による18日の公開討論会では、核燃料サイクル政策を巡る河野太郎、岸田文雄両氏の見解の相違が鮮明になった。中止を持論とする河野氏は、プルトニウムを新たに取り出す使用済み核燃料再処理工場(六ケ所村)の稼働を否定。対する岸田氏は、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録