豪から運んだ水素でレース トヨタ、普及へ川重と連携

 記者会見するトヨタ自動車の豊田章男社長=18日午後、三重県鈴鹿市
 記者会見するトヨタ自動車の豊田章男社長=18日午後、三重県鈴鹿市
トヨタ自動車が開発中の水素を燃やして走るエンジン車が18日、三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで開かれた耐久レースにオーストラリアから運んだ水素を使って参戦した。運搬には川崎重工業などが協力しており、水素社会実現に向け、生産から利用までの供給網を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録