マグロ釣り全面禁止に波紋/水産庁、管理強化を検討

水産庁がレジャーによる太平洋クロマグロの釣りを8月下旬に全面禁止し、関係者に波紋を広げている。釣り船の漁獲量が予想以上に増加し、国際規制で決められた漁業者の取り分が減る恐れが出たためだが、観光シーズンの北海道や青森県では釣りファンや釣り船関.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録